• ホーム
  • 宿泊
  • 日帰り・ランチ
  • レストラン・バー
  • ベーカリー&スイーツ
  • ウエディング
  • パーティー・会議
  • エステ・マッッサージ
  • 温泉
  • 施設案内
  • 富士屋ホテルの楽しみ方

部屋の見所  富士屋ホテルのお部屋は、滞在を楽しんでいただくためにお部屋にも色々な趣向を凝らしております。今回はその一部をご紹介します。

富士屋ホテルは外国人専用ホテルだった時代がありました。その時代の面影を、今もお部屋で感じることができます。

  • 部屋の見所

花御殿スイートルーム「菊の間」

部屋の見所  滞在が楽しくなる部屋の見所をご紹介

富士屋ホテルには、「本館」「西洋館」「花御殿」「フォレスト館」の4つの建物があり、それぞれ異なる雰囲気をお楽しみいただけます。
その中でも、部屋にまつわる、いくつかの興味深いお話をご紹介いたします。

見所一覧

新たに生まれ変わった「花御殿」のルームキー

花御殿の鍵  顔の大きさほどもある、花御殿のルームキー

昭和11年(1936年)に建てられた宿泊棟「花御殿」では、部屋番号の代わりに、43室すべてに異なる花の名前が付けられています。
ドアには、三井萬里氏による鮮やかな花の絵が飾られ、鍵にも同じ絵が描かれています。
「花御殿」での特別なご滞在を象徴するこちらの鍵も、現在使用しているものは4代目。
カシオ計算機株式会社とコラボレーションし、「歴史を守りながら、新技術とのコラボ」をコンセプトに、先進の3D技術「カシオアート」を駆使して作成されました。 熱を加えることで膨張する特殊な用紙を用い、絵や写真に100段階以上にわたって微妙な凹凸を持たせることができる技術で、三井萬里氏が描いた繊細な花の絵柄を見事に立体的に再現いたしました。
また、従来のルームキーの特徴を生かしつつ、お客様が持ち運びやすいサイズに変わっております。

大きなドアと、高い位置のドアノブ。

外国人客のためのホテル(1)  ドアノブが高い位置に付いている理由とは?

「花御殿」「フォレスト館」の大きなドアに付いているドアノブは、不自然なほど高い位置に付いています。
これは、かつて富士屋ホテルが外国のお客様専用として営業していた頃の名残。背の高い海外のお客様に合わせ、このような造りになりました。
逆に、「西洋館」のドアノブは低い位置に付いています。この理由はきちんと明かされていませんが、着物を着た女性従業員が、膝をついてサービスをしていたから、という説が残っています。

ウォークインクローゼット

外国人客のためのホテル(2)  まるで部屋のような広いクローゼット

「花御殿」の客室には、部屋のように広いウォークインクローゼットがあります。
こちらも、海外のお客様を考えて造られた、当時の面影を感じる部分のひとつ。長期滞在のお客様が多かったため、広いクローゼットが必要だったのです。

ウォークインクローゼットは、お部屋により様々な広さのものがあります。

歴史あるお部屋で  ゆったりと流れる時を感じる

個性ある4つの建物から成る富士屋ホテル。それぞれ竣工当時の面影を残すお部屋でお過ごしいただけます。
都会の喧騒から離れ、古きよき時代にタイムスリップして、ごゆっくりお寛ぎください。

住所 〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
連絡先 TEL 0460-82-2211

おすすめプラン

メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」でのご夕食
~フランス料理ディナープラン~

登録有形文化財にも指定されている、メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」でフランス料理をお楽しみいただけるご宿泊プランです。

¥21,168~

旧御用邸「菊華荘」の夕食を楽しむ 日本料理を堪能
~和食会席プラン~

富士屋ホテルで滞在をし、お食事は菊華荘にて和食会席をお楽しみいただけるご宿泊プランです。

¥21,168~

富士屋ホテルプラン一覧へ

おすすめの富士屋の楽しみ方


このページの先頭へ