写真で振り返る「富士屋ホテルの建物」

2020年夏のリニューアルオープンまで、しばしのお別れ。
富士屋ホテルの建物をフォトギャラリーでご紹介。
2018年4月より耐震補強・改修工事のため休館している富士屋ホテル。
2020年夏のリニューアルオープンまでしばしのお別れとなりますが、改修工事前の建物をお写真でご紹介いたします。
※ホテル休館中も、別館「菊華荘」およびベーカリー&スイーツ「PICOT」は営業しております。

本館 明治24年(1891年)建造

  • 登録有形文化財・近代化産業遺産
富士屋ホテルで現存する最も歴史のある建物。
社寺建築を思わせる瓦葺屋根、唐破風の玄関が特徴で、和と洋が融合された、富士屋ホテル独特な雰囲気を感じていただける建物です。 永い時を経て、今も富士屋ホテルの顔であり続けています。

西洋館 明治39年(1906年)建造

  • 登録有形文化財・近代化産業遺産
鎧戸付き上げ下げ窓の外観を持つ、典型的な明治の洋館。
1号館の「カムフィ・ロッジ」、2号館の「レストフル・コテージ」の2棟からなる木造2階建てで、建てられた明治時代当時の面影を最もよく残す建物です。 

花御殿 昭和11年(1936年)建造

  • 登録有形文化財・近代化産業遺産
外観は大きな千鳥破風の屋根を持ち、校倉造りを模した壁が特徴です。
名前の由来は43室すべてに花の名前が付けられており、客室のドア、カギなど、細部に花のモチーフが使用されていること。 海外では「フラワーパレス」と称され、富士屋ホテルの象徴的な建物です。 

フォレスト館 昭和35年(1960年)建造

富士屋ホテルでは最も新しい建物。
旧館を見下ろすホテル敷地の高台に建ち、箱根の自然を見渡せるお部屋や、箱根登山電車を望めるお部屋がございます。 今上天皇がかつてご宿泊されたのもこちらの建物です。 

別館 菊華荘 明治28年(1895年)建造

  • 登録有形文化財・近代化産業遺産
皇室の宮ノ下御用邸として建てられた、歴史ある建物です。
落ち着いた佇まいの旧御用邸の別館は、数奇屋風書院造りの純日本建築と庭園をそのままの形で残しており、長押に残る菊の御紋などが昔日を今に伝えています。
大風呂は総檜造りで温泉は敷地内源泉より引かれており、 良質の温泉と季節の日本料理をごゆっくりご堪能いただけます。 
 ※別館「菊華荘」はホテル休館中も営業しております。(日帰り入浴・お食事のみ)

食堂棟 昭和5年(1930年)建造

  • 登録有形文化財・近代化産業遺産
メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」、バー「ヴィクトリア」、グリル「ウイステリア」を有する食堂棟。中でもメインダイニングは、格天井に描かれた636種類の高山植物や店内に施された彫刻など細部にまでこだわった空間が広がっています。

カスケードルーム 大正9年(1920年)建造

  • 近代化産業遺産
 ダンスホールや社交場として華やかなシーンを演出してきたバンケットルーム。室内には、芦ノ湖や富士山など箱根をモチーフとした大きなステンドグラスと欄間の彫刻が施されております。また、大きな一枚硝子の窓から四季の庭園をご覧いただけます。
一覧に戻る