富士屋ホテルの味×アップルパイ

ほっとする味。昔も今も人気のアップルパイ
大正4年(1915年)からレシピが受け継がれてきた、富士屋ホテルのアップルパイ。食べるとなんだかほっとする。昔も今も人気のアップルパイについてご紹介いたします。 

富士屋ホテルのアップルパイ

100年も歴史のあるアップルパイ

100年も歴史のあるアップルパイ

アップルパイがメニューに初めて登場したのは大正4年(1915年)、今から100年以上も前のことです。それ以来、代々レシピを受け継ぎ、アップルパイは富士屋ホテルの看板メニューの一つとして、著名人をはじめ、多くのお客様に愛されてきました。
昔から変わらないこだわり

昔から変わらないこだわり

パイの中にたっぷり詰まったリンゴが昔から変わらない一番のこだわり。じっくりと煮詰めたリンゴにはしっかりシナモンをきかせ、オレンジマーマレードをプラス。甘さの中にも爽やかな酸味のある味わいに仕上げています。
2016年誕生!パイ専門工房「The PIE FACTORY」 

2016年誕生!パイ専門工房「The PIE FACTORY」 

The PIE FACTORYは、「富士屋ホテルで愛され続けるアップルパイをもっとたくさんの方にお召し上がりいただきたい・・・」そんな願いを込めて、2016年4月に誕生したパイ専門の工房です。アップルパイをはじめ、ベーカリー&スイーツ「PICOT」で販売しているパイはこちらで作られています。
お土産や贈り物にも

お土産や贈り物にも

現在、富士屋ホテルが休館中のため、アップルパイをお召し上がりいただけるレストランは営業しておりませんが、ベーカリー&スイーツ「PICOT」でアップルパイを販売しております。また、オンラインショップでのお取り寄せも可能です。
ベーカリー&スイーツ「PICOT」
オンラインショップ「富士屋ホテル倶楽部」
一覧に戻る